エンタメ・ニュースの宝庫

気になるエンタメニュースをピックアップ

板尾創路、お笑いに執着はなし「僕らの時代ではない。もう未練はありません」 2018年11月9日


no title

1: muffin ★ 2018/11/09(金) 12:32:50.59 _USER9.net
ソース
http://www.jprime.jp/articles/-/13746

「もう戦う場が違う。なんの報告もございません」
9月の映画イベントで少し寂しそうな調子で言ったのは、お笑いコンビ「130R」のほんこん(55)。板尾創路(55)の相方だ。最近は、板尾とほんこんが組んでお笑いをやっていたことを知らない若い読者もいるかもしれない。

 それほどに今、板尾は俳優や監督としてのイメージが強い存在になっている。

「急に映画監督やってくれというオファーがあって、経験ないですし、最初は断ったんですけど……」
という監督業も3作を数え、よしもとの後輩・又吉直樹が芥川賞を獲得した『火花』では脚本も手がけ話題を呼んだ。

 行定勲監督のロマンポルノ作品では、主演と前張りをはり、テレビドラマでは渋いながらもひとクセある中年役を演じることが多い。

「最近は、スタッフや役者も僕より年下が多くなったので、自分がしたいことより、若い人の気持ちに寄り添うようにしているんです」 
静かにそう語る姿は、老境に差しかかったベテランの大俳優のようにも……。

 芸人時代は伝説ともなっている“天然ボケ”が板尾の武器だったが、その世界に執着もないようだ。

「もう僕らの時代ではないですよ。お笑いで昔できたことが今はできなくなっているので、若手は大変だなとは思います。僕はもう未練はありませんけどね」



15: 名無しさん@恐縮です 2018/11/09(金) 12:37:31.12
さすがだね これをさんまとかたけしが思わなきゃならんやろ



96: 名無しさん@恐縮です 2018/11/09(金) 12:58:00.08
じゃ早く引退しろ



102: 名無しさん@恐縮です 2018/11/09(金) 13:01:50.95
逃げ道があるからそんなこと言ってられんだろうな



続きを読む
カテゴリー: 芸能系